ムリウイと銀ノラ
「かもめのデュオさん」
発売前のムリウイ、発売日の銀ノラ
足を運んで下さったみなさま、ありがとうございました。両日冬のような寒さでした。
4月19日祖師ヶ谷大蔵ムリウイ、店長のタケシさんに「寒いですね、きっとノラさんが連れてきたんだよ」と言われました。確かにいちばんはじめにムリウイに出させていただいた日も春なのに雪でした。用意した春の衣装、震えながらだるまストーブ前で演奏したことを思い出しました。きらいではないのです。まただるまストーブ前で演奏できた春の日、ふたたびでした。ムリウイのハンバーガーにかもめの旗を立てたりかもめの玉子なんだもん?をボーダーのかたにプレゼントしたりと、ちょっとおとなが子供の頃ワクワクしたオマケをつけてみました。今回のアルバムは徹底しました。なにが?それは内緒です。ただただ、聴いたかたが嬉しくなってくれたらいいなあ、レコ発来て下さった方がワクワクしてくださったならいいなあ、と。

21日の銀ノラでは少人数での生うたコンサートでした。とにかくずっと笑いっぱなしでした。きっとみなさんいろいろあるんです。だけど笑いっぱなしでした。おとなの笑顔も子供の笑顔みたいな日があります。そんな日でした。

かもめはわたしにしては開かれた作品となりました。このアルバムがいちばん好きですとおっしゃるかたがいらして、とても嬉しかったです。私の大好きな豊島たづみさんもブログに書いてくださいました。あまり筆不精で更新されないかたなのに。http://tazztazz.blogspot.jp/2013/04/blog-post.html?m=1
久住昌之さんからもメールをいただきました「すごくいい!ユーモアもある!一皮剥けましたね!ギターもコーラスもすごくいい。このデュオ凄いんじゃない?ぼくもがんばろう」さいごのぼくもがんばろう、が実は私はすごく嬉しかったです。音楽してるもの同士の気持ちがなんとなく感じられて。

限定300枚ですから派手な展開ではすぐなくなってしまいます。手渡しで聴いていただくのが私の考える自主製作です。たとえダウンロード全盛の今であっても、手から手にという商店街のせんべいやさんみたいな商品は細細ではありますが、なくならないと思っています。沢山は作らなくても良いのです。丁寧に材料を吟味してやさしく強い心で、長く作り続けることが記憶にのこるのだと私は信じています。
そんな気持ちが同じ、今回も前園直樹さんの通販ショップに少ない枚数ですがお願いしました。こちらからもお求めになれます。丁寧に届けてくださいます。視聴もこちらからどうぞ。
http://loveshop-record.com/?p=12379

さいごに
こんなわがままなノラオンナと8年近く
デュオとして
途切れることない波のように
ギターを弾いてくれる見田諭
ありがとう。
大丈夫
私の髪が長いから?
バランス的には?
あなたはハゲてすっかり髪がなくなっても
素敵です(たぶん?)

ノラオンナ
2013/4/23(火) くもり

 2013/04
09 [23] 
Powered by HL-imgdiary Ver.3.00