顔のシミ


普段あまり、接近して話すこともない

彼でもないのだから・・

キスすることもない・・

たまたま、カウンター

近距離での会話

頬にシミ

1センチ・・

みつける

褐色・・

どきどきして私負けた

それはあまり若すぎない時間が

そこに残酷にスタンプ

私は、その残酷が好きだ

いまだったらお金で消える

だけど、私はそのままが好きだ

触れてもいい関係だったなら

人差し指で

クリックする

そこばかり

見ているよ

「ボクのどこが好き・」

きかれたら

「頬のシミ」

なんていっても

笑い飛ばしてくれよ・・

姉さんのこと・・

                   



(C) 2005