この胸の旨



昨夜には


こころなんだか

熱を持って

眠れなくて

朝になってしまった


おせわになりました


もう少しで読み終えたはずの本

なかなか進まない

たった10頁なのに

1000頁分の気がする


やめた

朝まで

この熱をかかえたまま

黙っていよう


透き通ってゆくね肌・・

眠らないと

なにやら

同情の気配の

皮膚のまやかし


もういいや

そんなもの

またみつけられる


1000頁を

読み終えたら

図書館に行こう

夜は

酒を呑んでみよう

ちゃんと呑んでみよう



ひとり



味を確かめて

この胸の旨

伝えられるように

大人の女でいられるように

手をつないでも

感じなくなれれば

熱も下がった証だけど

あのひとことがなかったら

こんな熱

知らなかったのよ



無邪気なんて大嫌いよ・・



それが

私の

役どころ

そうなんでしょう?

                   



(C) 2005